シャツのデザイン的な部分について

クレリックシャツとはなんですか?

Q.クレリックシャツとはなんですか?それはどんな効果がありますか?A.クレリックシャツとは、襟やカフス部分に白地を使用したドレスタイプのシャツのことです。 襟カフスを白地にする...

詳しくはこちら

ポケットはなぜ、そこの部分が、丸かったり、三角だったりしてるのですか?

Q.胸ポケットの底の形が、三角だったり、丸だったりするのはなぜですか?A.ポケットには、通常手を入れますが、底の部分に指が入らず、角にゴミがたまります。ですので、ゴミがたまらない...

詳しくはこちら

イカ胸とはなんですか?

Q.フォーマルのシャツで、イカ胸という言葉を聞きました。シャツの胸当て部分のことでしょうか?A.イカ胸は、フォーマル用のシャツなどで良く見かける、胸部分が強化されたシャツの総称で...

詳しくはこちら

落とし肩とは?なんですか?

Q.落とし肩とはなんですか?A.落とし肩とは、ヌード寸法の肩幅よりも大きく肩を広げ、肩線をゆったりと落とすことをいいます。肩幅は、シャツに取っては実はそれほど大事なポイントではな...

詳しくはこちら

アイビーストライプとは?なんですか?

Q.アイビーストライプとはなんですか?A.アイビーとは、その発祥は、アメリカの裕福な大学生、プレピーたちが好んで着たといわれる、アイビールックに発祥します。アイビーストライプとは...

詳しくはこちら

シャツにワイヤーをいれることは?

Q.芯地のほかにワイヤーなどで強度を高めることはできますか?A.襟やカフスなどに強度の為に入れるワイヤーの使用は現在承っておりません。素材的に破れてしまったり、人体に影響がある危...

詳しくはこちら

ポケットを付けるのはなぜですか?ポケットに入れるものがない場合、無しでもおかしいくないですか?

Q.シャツのポケットの必要性について、さらには無しでもおかしくないかについておしえてください。A.ポケットに関してなぜ必要かといいますとこれは実用性以外にはありません。シャツのポ...

詳しくはこちら

シャツのポケットの形はなぜいろいろあるのですか?意味があるのですか?

Q.A.シャツのポケットは、基本的には実用性のためですが、そこからデザインがいろいろ生まれました。ポケット口を頑丈にしたり、ペンをさしやすくしたりと、デザインには根本に意味があり...

詳しくはこちら

クレリックシャツ、ドレスすぎてなかなか着る勇気がありません。どう着こなしたら良いですか?

Q.クレリックシャツってドレスシャツすぎませんか?着こなす勇気がありません、何か気にならない様に着こなすすべはありますか?A.クレリックシャツは確かに、フォーマル的に、ドレス的に...

詳しくはこちら

デパートで作ったら、袖が太く感じるのですが、シャツはこんなものですか?

Q.デパートで、先日オーダーしたら、袖が太く感じました。シャツはこんな感じなのでしょうか?A.シャツのデザインなどにもよります。近年、袖がフィットしたシャツが好まれる傾向にありま...

詳しくはこちら

シャツのタイスペースってなんですか?

Q.シャツの襟元中心で、左右の襟のボタンのついているところにスペースが空いているのは、タイスペースというんだよと聞きました。タイスペースとは何ですか?これはいったい、なんで空いて...

詳しくはこちら

背中のウエストラインに縫い目があるシャツを見かけます。あれはいったい何ですか?

Q.背中のウエストラインに縫い目があるシャツを見かけます。あれはいったい何のためのものですか?A.背中に、縫い目があるシャツがあるのは、俗にウエストダーツと言われる撮み縫いになり...

詳しくはこちら

シャツのアームホールとはどこの部分ですか?

Q.アームホールとはどこの部分ですか?A.アームホールとは、袖付けと言われる袖と身頃が縫い合わされている部分を言います。読んで字のごとく、腕の穴を指します。よく、問い合わせを受け...

詳しくはこちら

カッタウェイカラーとはなんですか?

Q.カッタウェイカラーとはなんですか?A.ワイド系のカラーの別称です。シャツの襟のデザインの超ワイドカラーのことを指します。最近、良く言われる様になってきた名称です。ホリゾンタル...

詳しくはこちら

シャツのワイドカラーとは?ワイドカラーの角度の定義を教えてください。

Q.ワイドカラーとはなんですか?またワイドカラーの角度の定義を教えてください。A.ワイドカラーとは、シャツの襟の開きの広いデザインを指します。各社異なりますが、基本的には、120...

詳しくはこちら

シャツの襟のカッタウェイカラーの角度の定義を教えてください。

Q.カッタウェイカラーの角度の定義を教えてください。A.各社異なりますが、基本的には、120度以上のワイドカラーから160度前後のホリゾンタルカラーの間の角度をカッタウェイカラー...

詳しくはこちら