シャツの生地の柄などについての用語集

ウィンドウぺーン

ウィンドウぺーンとは、「窓枠」のこと。窓枠のような正方形または長方形の単純な一本格子の事を指す。 元々はタータンチェックの一つ、ディストリクトチェックに発端する。

詳しくはこちら

パステル・マドラス

マドラスの中でも、従来にない明るい色合いの柄をいう。

詳しくはこちら

オルタネイトストライプ

オルタネイトとは「交互」の意味。交互に2色の縞をあしらえた縦縞の総称。

詳しくはこちら

グラフチェック

方眼格子。ワイシャツ生地によく見られる単純な一色の小柄チェック。

詳しくはこちら

ロンドンストライプ

棒柄の一種。等間隔(あるいはほぼ等間隔)の単調なストライプ。英国ではロンドンストライプとは言わず、ブロックストライプと呼ばれることから、ロンドンストライプとは和製英語である可能性が...

詳しくはこちら

ヘアラインストライプ

髪の毛のように細いストライプ柄のこと。日本では万筋(まんすじ)柄と呼ばれている。別名、ワンサウザウンドストライプという。

詳しくはこちら

ピンストライプ

細い無数の単純なストライプ。 最も一般的なストライプの一種。 本来は、連続した一本の縦縞では無く、飛び飛びの点(ピン)の束という意味で、現在では本来の意味では使われていない...

詳しくはこちら

トラックストライプ

縞柄の一種。線路縞、文字通り二本並べたストライプ。

詳しくはこちら

ボールドストライプ

ボールドとは太いという意味。本来は1.5センチ幅以上の単純なストライプを指すが、現在ではやや太めの単純なストライプを指すようになった。

詳しくはこちら