シャツの専門用語についての用語集

糸の番手

糸の細さを指す単位。数字が大きくなればそれだけ細くなる。シャツ生地の場合、40番から200番まであるが、通常は50番から160番程度が一般的。基本的に、細ければそれだけ品質の良い原...

詳しくはこちら

単糸・双糸

シャツ生地の糸には、単糸(たんし)と双糸(そうし)が一般的に使用される。単糸とは、一本の糸をそのまま織り、双糸は単糸を2本撚って一本の糸として織る。単糸よりも、双糸の方が丈夫で、細...

詳しくはこちら

コンパクトヤーン

近年の革命的な紡績技術(コンパクトスピニング)により生み出された糸の総称。毛羽が少なく、シルクのような光沢や滑らかさがでるとされる。

詳しくはこちら

超長綿

綿は、摘み取った綿花の繊維の長さで、

詳しくはこちら

先染織物・後染織物

先染織物(さきぞめおりもの)とは、先に染めたつむぎ糸で織られる織物のこと。無地のブロード地や、ストライプ、チェック、ドビーなど、シャツ生地の場合、その全てが先染め織物。「先染め」は...

詳しくはこちら

播州織(ばんしゅうおり)

兵庫県西脇市を産地とした、綿を主体とする先染織物。起源は古く、寛政4年(1792年)に京都・西陣から織物の技術を導入して始められた。シャツ生地の日本有数の産地。

詳しくはこちら

遠州織(えんしゅうおり)

遠州織は、静岡県浜松市を中心に織られる織物の総称。播州と同じように、日本で有数の生地の産地。

詳しくはこちら

剣ボロ(けんぼろ)

シャツの袖空き部分のこと。剣の様な形からこう呼ばれる。また剣ボロ部分のボタン(上図参照)はガントレットボタンと呼ばれる。

詳しくはこちら

アジャストボタン

カフス部分に二つ並んでついているボタンのこと。袖口を締め、袖丈を調整する(アジャスト)するためについている。※既製品などで袖が長い時に、袖口を締めて裄丈を合せるためにあるので、本...

詳しくはこちら

ビスポーク

ビスポークとは、語源が「Be spoke」に由来するをいわれます。「話を聞きながら(be spoke)作る」という意味で、オーダーメイドという意味があります。ビスポークシャツと言い...

詳しくはこちら

ワードローブ

ワードロープとは、英語で単純に箪笥(タンス)のこと。そこから自分の(自分らしい)服装のスタイル、衣類計画などを意味する。

詳しくはこちら

スプレッド

襟の開き角度のこと。開きの広いのをワイドスプレッド、狭いのをナロースプレッドと呼ぶ。

詳しくはこちら

エッジ

襟の端の部分のこと。このエッジのきれいさがシャツの善し悪しを決める。

詳しくはこちら

ヤーン

つむぎ糸のこと。織物の原糸として用いられる繊維。

詳しくはこちら

芯地(しんじ)

襟やカフスなどに入っている、硬さや厚み、強度を出すために使用される布地のこと。表地と無接着の芯地。高級品によくつかわれる芯地。表地と接着していないので、風合いと着心地がよいが、仕立...

詳しくはこちら

ボタンダウンカラー

襟の先に小さなボタンがついていて、襟先を留める仕様になっているシャツ。もともとはポロ競技(馬上ホッケー)で襟が跳ね上がらないようにと作られたが、スポーツシャツとして広まった。アイ...

詳しくはこちら